アカデミックリンク2013総括

当日(11/9)は3年生がTOEICテストと重なったため、アカデミックリンクへは途中参加となりました。キャンパスから青年センターまでは距離があるので、TOEIC終了後、いったんのロビーに集まり、タクシーを呼びました。

「もしもし、タクシーはまだか。え? みんなもう先に会場に着いただと?」

「ああ、間違いない」

「なぜだ! なぜ副代表の私を置いて行った!」

鯨類研究会が会場に到着した時には既に会場が賑わっていたため、急いでポスターの前に人員を配置。今年は、鯨研はポスターと写真、そして缶詰の試食コーナーを出展しました。缶詰をご試食された方からは、美味しいとの声が。

缶詰の中身はヒゲクジラの赤肉の大和煮です。

ポスターの前で、くじらヒゲの展示と缶詰の試食を行っていました。ポスターよりもひげ板と缶詰が集客に大きく貢献していたような気がします。

鯨研のブースにお越しくださった方に対しては、ぎこちないながらも何とか説明をすることができました。

逆に、僕らが他のブースへ発表を聞きに行く機会もありました。北大水産学部や未来大、函館大、函館高専、極東大、北教大、大谷短期大学、また、特別参加で函館西高校理科部や函館大学付属柏陵高校の発表など、35ものブースと舞台発表があり、どの発表も素晴らしいものだったと思います。

チーム北大プランクトンのブースでは、鯨研14代目の千里さんが参加されていました。また、14代目や13代目の先輩が、我々の様子を見に来てくださいました。

他大学の同学年の学生さんたちとの交流もありました。

最後に記念撮影。みなさんお疲れ様でした。

前澤

コメントをお書きください

コメント: 2