2014/2/21 元気プロジェクト報告会に参加しました。

15代目の田川です。

 

鯨類研究会の一員として活動に参加してきました(久しぶりに…)。

今回は、元気プロジェクトの成果報告会でプレゼンをしました。

札幌キャンパスは高等教育推進機構にて4時間ほど。

函館キャンパスとはポリコム中継で発表しあいました。

 

札幌キャンパスでの発表は、

ほぼトップバッターでした。きゃあ~緊張した~

 

発表内容としては

準備はどうやったのか、

当日は何をやったのか、

これからどうするのか…

そんなことを9分くらい説明しました。

さなえさん、パワポ作成ありがとう!

みゆちゃん、写真撮影ありがとう!

(元プロ本番の内容は、当日のブログをお読みください。)

 

最初

海をイメージした水色の服と

小さいけどイルカの人形を机の上にスタンバイさせました。

途中

新聞に記事として掲載されたことを発表

函館キャンパスからは、ゆか先輩に見ていただけました。

番外編

超緊張している私は

ヒゲクジラとハクジラの違いを身振り手振りで説明。

瞬きしまくりでした。

(海水からプランクトンなど小さな餌をこしとるために

ヒゲクジラの口にはブラシのような「ひげ」を持っています。)

(魚をバリバリ食べるハクジラは人間と同じように歯を揃えもっています。)

 

反省点の多い発表になったのですけれども

「鯨研内で自己完結せず、外に発信できた」

「メンバーそれぞれの個性を再発見できた」

「10年目の節目として、これからの活動を更に議論できる良い機会になった」

などなど、

伝えたい骨格部分は伝えられたのではないかな、と思います。

 

先輩方から意見や手助けを頂きつつも

ほぼ3年生だけで主体となり活動を無事終了できたことは

とても貴重な経験だと思います。

 

もう4か月も前の話なのかと思うと

あっというまだなあ! と感慨深くなります。

 

あの時の気持ちを風化させることなく

次につなげていくことで

元気プロジェクトに採択されたこと、結果を出せたことに

報いれるのではないのでしょうか。

 

なんて今更ながら思いました。てへっ。

鯨研に入れて良かったです。

 

 

他の16団体の発表はどれも素晴らしく独創的で、

熱い想いを「ひしひし」と感じました。

(若いって素晴らしい)

来年度も採択された場合は

皆さんぜひ前後の報告会に参加しましょう!

モチベーションアップにもつながりますよ!

 

以上、現場からの報告でした~。